NEWS

産業を支える知と技の拠点、大阪北部産業界にしなかバレーで、チャレンジ続けるNPO法人として日刊工業新聞に掲載されました。

Tech Runwayの概要

Runwayは日本語で滑走路を意味します。Tech Runwayという名称には、ITの力で高校生一人ひとりがワクワクした未来に飛び立つための、きっかけや環境を提供するという想いを込めました。

半年間・週2回対面で、社会人エンジニアや研修を完了した大学生が、高校生のプログラミング学習をサポートします。また、月に2回、情報の集め方、将来やお金・生活に関することを学ぶワークなどのキャリア教育を行います。さらにTech Runwayでは以下のものを無料で提供し、高校生の金銭的な負担をできる限り軽減します。
・授業料
・教材費
・ノートパソコン
・交通費(1日800円まで)
今回募集する5期生は、2021年8月1日から12月26日の期間となります。

株式会社Progateは、プログラミング学習教材「Progate」をサービス展開している企業です。
一般的なプログラミング学習には「環境構築」と呼ばれる開発を始めるための準備が必要ですが、Progateは、独自の技術によって学習の入り口にあるそれらの障害を限りなく取り除き、ブラウザやアプリのみで今すぐ学習することを可能にしています。

Progate: https://prog-8.com

CLACKでは、こちらの「Progate」を教材として活用しWeb開発ができるように学習コースを用意しています。2019年からライセンスを無償提供いただいており、合計アカウント数は100アカウント以上となりました。金額にして200万円以上のサービスを提供いただいたことになります。ご支援をもとに高校生の将来の選択肢を広げ、安心して挑戦できるように伴走していくことを目的として、一人でも多くの高校生を支援できるよう、活動を広げてまいります。

CLACKはProgate様のご協力をはじめ、多くの企業さまと連携しご支援をいただいています。

CLACKにご関心をお持ちの企業の方へ
企業さまとの連携パターンPC寄贈アルバイト機会のご提供場所の提供やオフィス見学社員ボランティア連携パターン
詳細はこちら

ご関心をお持ちの企業さまは、お問い合わせいただけますと幸いです。

2021年3月27日、CLACKの2020年度の事業報告会をFacebookライブにて行いました。

今回の事業報告会は
・CLACKのサポーターの皆さまへの活動報告
・CLACKに興味をもってくださっている方への活動紹介
を目的に実施しています。

すでにサポーターになってくださっている皆様、CLACKの活動に少しでもご興味がある方は、ぜひご覧ください!

CLACKオンライン事業報告会

・第一部:2020年度の事業報告
・第二部:2021年度以降の活動紹介

第一部では、主にCLACKが2020年度に行ってきた活動について報告しました。

1.  CLACKのビジョンや事業内容などの団体紹介
2.  高校生へのプログラミング学習支援とキャリア教育を実施する「TechRunway」
3.  パソコンやネット環境を高校生に届ける「テックGIFT」
4.  CLACKが大阪市内の高校で実施している「居場所カフェ」
5.  ご協力いただいているパートナー企業様との連携
などについて、紹介しています。

第二部では、2021年度以降に力を入れていく活動について報告しました。

6. 10代限定のオンラインプログラミングコミュニティ「コードトレイル」
7.  寄付してくださった方や興味関心をもってくださる方に活動をシェアする「サポーターズコミュニティ」
8.  高校生にプログラミングを教える講師や広報をお手伝いしてくださる「ボランティア募集」
などについて紹介しています。

オンライン事業報告会の様子は下記のURLから視聴可能です。ぜひご覧ください!

継続的なご支援のお願い

オンライン事業報告会をご覧になって、興味を持ってくださったみなさんには、継続的なご支援をいいただけますと幸いです。

応援の形としては、以下の二つがあります。

①ご寄付いただく

【継続的なご寄付をいただけると、よりたくさんの高校生に安定した支援を届けることができます】

②CLACKアンバサダー

【毎月無料のメルマガで「CLACKが伴走する子どもたちの成長の様子」や「子どもの貧困」という社会課題のことを知っていただく】

サポーターやアンバサダー応援してくださる方が増えると、私たちもとても嬉しいです!どうぞよろしくお願いいたします。

2021年3月21日、CLACKで半年間のプログラミング学習を経たTechRunway3期生が最終発表会を実施しました!

TechRunway3期となる高校生たちは、2020年9月からプログラミング学習を開始。

初めはプログラミングはおろか、パソコンの操作に戸惑う高校生もいました。また2021年1月には緊急事態宣言が発出され、一時期は完全にオンラインでの学習を実施していました。

そんななかでも半年間プログラミング学習を継続し、得たスキルをもとに自分の作りたいサイトを制作。

CLACKのスタッフや社会人・大学生ボランティア、来賓の方を前に、最終成果物やCLACKでの楽しかったこと、大変だったことなどをプレゼンしてもらいました。