寄付募集 | NPO法人CLACK

CLACKサポーターになる

どうせ自分は、なんて言わせない

「周りに馴染めない」「習いごとに通うお金がない」
「上手くいかないことばかり」
そんな気持ちでうつむきがちな高校生たちに
自分の未来を信じて欲しくて、CLACKは活動しています。
私たちと共に彼らの背中を押すサポーターになりませんか?

高校生の変化のきっかけになるために、
CLACKは様々なサポートを行っています。

①少人数/対面での授業

大人数が苦手な子とも
信頼関係を築けるように、
少人数で対面の授業を行っています。

②PCの無料支給

自宅で学習を進めたり、
CLACK卒業後も自分で学んでいけるよう
PCは無料で1人1台支給します。

③交通費の支給

CLACKに通うハードルをさらに下げるため、交通費を支給しています。
より多くの高校生の居場所になれたらと
考えています。

1年間のご寄付でできること

月1000円で…

キャリア教育1回分の
会場費+講師交通費の提供

月3000円で…

生徒1人分のPCと
周辺機器1セットの提供

月5000円で…

プログラムに
参加するための交通費の提供

生徒の声

CLACKと出会う前

中学のころのいじめを経験したのがきっかけで、人と関わりたくない気持ちでいっぱいでした。昼休みになってもご飯も食べず、1人で寝ているような毎日でした。

体験会でCLACKと出会う

CLACKが高校で無料体験会を開いてくれて、自分を変えたいという気持ちで参加しました。興味がわいたので通ってみることにしました。自分が好きなキャラのサイトを作れたのも嬉しかったし、そのサイトをみんなの前で発表できたことも嬉しかったです。

もっとプログラミングを学びたい

プログラミングがどんどん楽しくなっていって、もっと学んで技術を身につけたいと思うようになり、専門学校を受験して無事合格できました。もっとプログラミングができるようになったら、今度は教える側でCLACKに行きたいです。

CLACKと出会う前

クラスにも居場所があまり感じられなくて、バイトも辛くて、自分が落ち着ける場所があまりありませんでした。

CLACKが居場所に

パソコン部に入っていたのでプログラミングにはもともと興味があって、始めてみたらとても楽しかったです。あと、CLACKに行ってプログラミングしたり話をしたりする時間はリラックスできる時間でした。

Web制作会社でのアルバイト

プログラミングが楽しくて、地元のWeb制作会社で就職を前提としたアルバイトを始めました。それから、大学進学にも興味が出てきたので、もし就職してからもまた勉強したいと思う日が来たら、大学を受けようと思います。