メディア掲載

2023年10月14日号のRidilover Journal「若者の孤独孤立〜つながり無き自立の壁〜」に、CLACKの活動および代表 平井について掲載いただきました。

孤独孤立状態にある若者の現状を、平井の原体験やCLACKの活動を通して伝えさせていただいた記事となっております。

■記事について

以下リンクよりご覧ください。

■ご寄付について

CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会をともに作る仲間を募っています。

■取材のご依頼について

以下お問い合わせフォームよりお願いいたします。

2023年9月7日号の朝日新聞「ひと」に、CLACK代表 平井について掲載いただきました。

■記事について

以下リンクよりご覧ください。

■ご寄付について

CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会をともに作る仲間を募っています。

■取材のご依頼について

以下お問い合わせフォームよりお願いいたします。

経済誌「Forbes」が認定する「FORBES JAPAN 30 UNDER 30 2023 日本発 世界を変える30歳未満」に、CLACK代表の平井が選出をいただきました。
 
【グローバル】【常識を覆す】【30歳未満】といった審査基準がある本プロジェクトで、平井本人、ひいてはCLACKの活動を評価いただけたことをありがたく思います。

詳しくはこちらをご覧ください。

今後とも、CLACKのビジョンである「生まれ育った環境に関係なく、子どもが希望とワクワクを持てる社会」を目指して活動してまいります。

■ご寄付について

CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。月1000円からのご寄付で「子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会」をともに作る仲間を募っています。

■取材のご依頼について

新しい働き方の制度や独自の取り組みをする企業・団体を紹介するWEBメディア「ミライのお仕事」に掲載いただきました。

■記事について

以下リンクよりご覧ください。

■取材のご依頼について

以下お問い合わせフォームよりお願いいたします。

■ご寄付について

CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会をともに作る仲間を募っています。

2023年7月30日のラジオ番組 J-WAVE「ARROWS」に、理事長の平井が出演いたしました。

CLACKの取り組みについてお話させていただきました。


受信エリアにお住まいでない方、放送を聞き逃した方も、ラジコプレミアム エリアフリーにて放送日から1週間後まで視聴が可能です。

ぜひご視聴ください。

ご寄付について

CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。
子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会をともに作る仲間を募っています。

取材のご依頼について

以下お問い合わせフォームよりお願いいたします。

2023年06月30日号の読売新聞「キミのきもちは…?」に、CLACKのプログラム”Tech Runway”卒業生の歩みについて掲載いただきました。

■記事について

以下リンクよりご覧ください。

■ご寄付について

CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会をともに作る仲間を募っています。

■取材のご依頼について

以下お問い合わせフォームよりお願いいたします。

2023年04月12日号の日本経済新聞 夕刊「関西のミカタ」に、CLACKについて掲載いただきました。

■記事について

以下リンクよりご覧ください。

■ご寄付について

CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会をともに作る仲間を募っています。

■取材のご依頼について

以下お問い合わせフォームよりお願いいたします

企業からソーシャルセクターへの寄付先をコンペ形式にて募集し、社員参画型の社会貢献活動の広がりと波及効果を最大限にする新しいサービス「ichi. social」のウェブメディアにて、CLACKについて掲載いただきました。詳しくは、以下よりご覧ください。

また、代表平井のインタビュー動画も制作いただきました。ぜひご覧ください。

■ご寄付について
CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。
子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会をともに作る仲間を募っています。

■取材のご依頼について
以下お問い合わせフォームよりお願いいたします

保護者や私塾運営者、学校教育者向けのプログラミング教育情報をまとめた専門情報紙「プログラミング教育新聞」の2023年2月10号に、CLACKが大阪公立大学と実施する社会的インパクト評価に関する記事を掲載いただきました。

■記事について
以下リンクよりご覧ください。

■ご寄付について
CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。
月1000円からのご寄付で「子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会」をともに作る仲間を募っています。

■取材のご依頼について
以下お問い合わせフォームよりお願いいたします
https://clack.ne.jp/contact#media-contact

シチズンオブ・ザ・イヤーは、社名に“CITIZEN(市民)”を掲げるシチズン時計が1990年に創設した、市民社会に感動を与えた人々を選び毎年その行動や活動などを顕彰する制度です。
2021年度、CLACKの創設者であり理事長の平井が受賞し、今回、創設の経緯やCLACKに対する想いを丁寧に取材いただき、受賞者紹介として記事を掲載いただきました。

■記事について
以下リンクよりご覧ください。

また、受賞者へ送る書として、書道家の武田双雲さんがCLACKの活動について「機」という文字に認めてくださりました。
そちらについても、シチズンオブ・ザ・イヤーの「受賞者へ送る書」のページにてご覧いただけます。

武田双雲さんの書を扇子でお贈りいただきました。

■ご寄付について
CLACKは多くの方々のご支援により、高校生に無料でプログラミング教育を届けることができています。
月1000円からのご寄付で「子どもが未来に希望を持ち、ワクワクできる社会」をともに作る仲間を募っています。
https://clack.ne.jp/donation

■取材のご依頼について
以下お問い合わせフォームよりお願いいたします
https://clack.ne.jp/contact#media-contact