お知らせ

株式会社パシフィックネットとパートナーシップを締結しました

2022年3月15日

NPO法人CLACKは、株式会社パシフィックネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田 満弘、以下 パシフィックネット)と使用済みPCの寄贈プロジェクトである「Pass the Baton」において、パートナーシップを締結いたします。

スーツを着ている人たち

自動的に生成された説明
<CLACK 理事長 平井(左)、パシフィックネット 代表取締役社長 上田氏(右)>

■Pass the Batonとは
経済的事情によりPCを買うことが出来ない高校生に対し、彼らがプログラミング学習を行うことができるよう、企業から無償で譲り受けた「使用済PC」に、情報漏えいを防ぐデータ消去を実施し、クリーニングやOSの再インストールを行った上で「リユースPC」として届けるプロジェクトのこと。

■パートナーシップの目的
2021年2月よりCLACKが開始した、企業の使用済みPCの寄贈プロジェクト「Pass the Baton」において、パシフィックネットにPCの引取りおよびデータ消去、データ消去証明書の発行、OSインストール等の再生作業にご協力頂いておりました。
プロジェクトが開始して約1年が経った現在、パシフィックネットとのパートナーシップを締結し、今まで以上に両社の連携を強めていくことで、「Pass the Baton」の更なる認知拡大および寄贈企業数の増加など、取組み強化を行ってまいります。

■今後の展開
CLACKは、2025年までに「全国10都市1000名以上の高校生を支援できる基盤づくり」に取り組んでまいります。現在、大阪市と堺市の2拠点で無料のプログラミング教室を運営していますが、2022年夏頃には東京にも教室を開講する予定です。また、両社は「Pass the Baton」を通じて、より多くの高校生達の支援をしていくとともに、寄贈元企業のSDGsの推進に貢献してまいります。

プレスリリースはこちらからご覧ください
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000045692.html