活動内容 | NPO法人CLACK

活動内容

可能性を見つめる、
半年間の助走。

貧しさから多くのことを諦めてきた高校生たちが、
自分の可能性を、
未来を
信じて生きていけるように。
CLACKは「プログラミング教育」と「キャリア教育」の2つを軸に、
生徒が未来にふみ出すための半年間を提供しています。

1

プログラミング教育

プログラミング教育

プログラミングを学んでもらう、週に2日、半年間のコースです。
授業料やPCの支給は無料で、交通費も支給されます。
自分自身でWebサイト/サービスを手掛けられるようになるまで、講師がより添ってサポートしていきます。

プログラミング教育の様子

どうしてプログラミング?

たくさんの「小さな成功体験」

たくさんの「小さな成功体験」

プログラミングは、“手しごと”です。
悩みながらひとつひとつキーをたたき、根気強く知恵を絞って作り上げた
生徒たちの設計図には、心地よい達成感がこもっています。

1ページが書きあがる頃には、彼らは無数の小さな壁を乗り越えています。
”自分の可能性”をじんわりと感じさせる「小さな成功体験」の数々。
PCに向き合った時間は、彼らが前を向いた時間です。

たくさんの「小さな成功体験」

可能性あふれるスキルであること

可能性あふれるスキルであること

● IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果|経済産業省(平成28年)

2030年には、ITの人材不足が79万人にまで達する可能性があると言われており、
プログラミングは、就職への結びつきやすさでも注目されています。

今までの学校の成績に関係なく始められるというだけでなく、
未来の自分が持つ「武器」としてイメージしやすいスキルであるのが魅力です。

● IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果|経済産業省(平成28年)

可能性あふれるスキルであること

2

キャリア教育

キャリア教育

さまざまな領域で活躍する社会人や大学生の招き、
これまでの経験について話してもらうワークショップを月に1~2回開催しています。
今まで自分1人では上手く思い描けなかった未来も、先輩たちからもらう刺激や学び、
アドバイスを糧に生徒たちは少しずつ確かなビジョンにしていきます。

キャリア教育の様子

ゲスト講師の声

川俣大さん

川俣 かわまた  だい

株式会社セールスフォース・ドットコム

弊社の社員とともに我々大人の仕事観についてお話しさせていただき、高校生側からのメッセージとして卒業制作を披露いただきました。高校生とのこういった機会は貴重で、おそらく我々側の方が学ぶところが大きかったと思います。 CLACKもSalesforceも“機会の平等“を目指すという意味で同志です。お互いに刺激を受けつつこれからも頑張っていきましょう!

中村多伽さん

中村なかむら 多伽たか

株式会社taliki 代表取締役

それぞれが持つバックグラウンドに関係なく、自分の興味のあることや作りたいものに挑戦する姿勢が素敵でした。彼らのエネルギーにお金や技術がついてきたら、とんでもなく面白く可能性に溢れる場所になるなと確信しています。 ずっと応援してます!

高校生たちの前進を
サポートしませんか?

寄付で応援