平井 大輝

平井写真1

CLACK代表の平井です。
CLACKを立ち上げたのは自分自身の経験から来ています。
中学の時に自営業の廃業や両親の離婚を経験し、高校時代にお金が理由で様々なことを我慢しなければならなかったり、クラスで居場所を無くしたりしてきました。
「自分と同じような境遇で今しんどい思いをしている子の手助けをしたい」
なんとか国公立大学の工学部進学し、今まで我慢してきた分様々なことに挑戦してきました。
中でも思いを持って始めたのはひとり親の家庭の学習支援を思いを持って始めたのは「ひとり親家庭の子どもの学習支援を行うNPO」でした。
その中で、ひとり親、不登校、生活保護家庭、いじめ、孤立、発達障害、家庭内不和、ネグレクトなどで苦しむ中高生たちと出会い、少しでも彼ら・彼女らが将来に希望を持って生きられる手助けができないかと試行錯誤していました。

平井写真2


その中で彼ら・彼女らが社会や周りの環境への怒り、ハングリー精神といった強い感情を持っていると気づきました。
一見、マイナスにも見えるその強い感情を適切な方向に導ければ、これからの世の中を作っていく、ものすごいエネルギーになるのではないか。
そう感じ、僕はCLACKを立ち上げ、彼ら・彼女らに、プログラミングという武器を手に入れるサポートをしています。
それに加えて、様々な生き方・働き方をしている地域の大学生・社会人に触れながら、自分の好きなことをカタチにしたり、身の回りの困りごとの解決に取り組んでみる。
そういった経験を通して、彼ら・彼女らが様々な選択肢を知り、その中から自分自身の進みたい方向性を決め、実現していける。
人の痛みがわかり、人に寄り添える「やさしさ」と、何度困難にぶつかっても立ち上がれる精神性、実行力と強さを兼ね備えた、「たくましくてやさしい人」をCLACKから輩出していきたいと思っています。
そして、現在は関西のみでの活動ですが、この活動を、日本全国の「しんどい状況からなんとかして抜け出したい」と思っている高校生に届けたいと思っています。
そのためにも、学校、企業、NPO、行政、地域団体といったセクターの垣根を超えて、より多くの高校生により良い機会を提供して行けるように、セクターの橋渡しをしながら目の前の高校生ひとりひとりに伴走していきます。